点検課

業務紹介

変電所や発電所内にて、機器の点検を行っています。

機器を分解して、部品を1つ1つ確認したり、実際に動作させる等、

様々な試験を行い、異常がないかを見ていきます。

 

また、落雷などによる緊急な停電時には、復旧対応をします。

変電所や発電所を守る重要な仕事をしています。

 

がいし点検.jpg
機器部点検中の様子

検電.jpg
作業前検電の様子

 

 

先輩の一言

先輩の一言_松下さん.jpg

松下さん(1992年生まれ)

電力部 点検課

大企業より、小さくても大きな夢のある会社がいい

 高校の時、就職先を決める上で私が基準にしたのは、電気関係の仕事ができ、岐阜の企業であること、そして大手企業ではないということでした。

 大手企業は待遇面などではいいかも知れません。しかし大企業の工場は単純で、受け持つ仕事の範囲も狭く、人との触れ合いが少ないということを以前から聞いていました。とにかく毎日同じことの繰り返しではなく、変化のあることをしたいと思っていました。

 高校の先生からも大企業への就職を勧められましたが、私が大手へは行きたくないと言ったところ、この会社を勧めてくれました。その時、屋外での仕事が多いので大変かもしれないぞともいわれました。でも毎日違う場所へ出かけられることがこの仕事の大きな魅力にもなっています。

 変電所での保守点検を行うのですが、変電所によって機械が異なり、しかも新しい機器や技術が導入されています。その都度仕事を覚えるのは大変ですが、先輩が丁寧に指導してくれます。

 大手企業へ就職した高校時代の同級生から、仕事に対しての不満をよく聞きます。ですが、私はここへ入社してからクレーン関係や電気工事士など、いろいろな資格を取得させてもらいました。仕事での経験を積むごとに、将来への夢も膨らんでいます。

●採用情報ページ